諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

「しあわせ信州創造プラン」のご紹介 (VOL. 5)

 今回は、「人とモノが集う快適な空間づくりプロジェクト」の
アクション「災害に強い地域づくり」についてご紹介します。

 (県総合防災訓練の様子)


「平成25年度県総合防災訓練」が、平成25年11月3日(日)に諏訪市の諏訪湖イベント広場などで行われました。

諏訪地域での開催は平成17年以来であり、県、市町村、防災関係機関、住民、地元企業が参加し、互いに連携して様々な訓練を行いました。

今回は、諏訪湖の遊覧船衝突事故や霧ヶ峰の観光客孤立を想定した救助訓練、諏訪湖イベントホールでの大規模工場災害を想定した火災防御、救出活動、救急搬送訓練など、地域の特色を活かした訓練も行われました。

(災害対策本部諏訪地方部訓練の様子) 

また、11月11日(月)には、諏訪合同庁舎において、職員による災害対策本部諏訪地方部運営訓練を行いました。

訓練は状況付与型図上訓練で行い、次々と入る災害状況に対し、地方部各班の職員が連携して情報の整理・分析や応急対策の検討を行い、地方部運営の円滑化を図りました。

並行して同日は、県現地機関、市町村、LCV等の防災関係機関で構成する「諏訪地域東海地震等災害対策推進協議会」での、道路の交通規制や市町村災害時相互応援協定に基づく広域応援要請に係る情報伝達訓練も行いました。

今後も、各種の防災訓練の実施などにより関係機関との連携を強化し、防災力の向上に努めます。

この他、「災害に強い地域づくり」として次の取組を行っています。
  ●農村災害対策整備事業
  ●治山事業
  ●河川改修事業 など

1 2

このブログのトップへ