南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

日本のチロル「下栗の里」は秋本番!

南信州農業改良普及センターの「いっちゃん」です。

「日本のチロル」や「天空の里」とも呼ばれる飯田市上村下栗地区「下栗(しもぐり)の里」は、南アルプスの眺望がすばらしい標高800~1,000mに位置し、傾斜度30度、最大斜度38度の南東斜面にへばりつくように民家や耕地が点在する古い集落。平家の落人たちが開墾(かいこん)した里とも言われています。

http://www.shinshu-tabi.com/simoguri.html

そんな「下栗の里」では、今、紅葉が見頃を迎えています。訪れたときは天候に恵まれ、南アルプスの山々がきれいに見えました。

昼食は、地元の方々が運営している食事処「はんば亭」で「もりそば」の大盛りをいただきました。新そばで風味がよくコシがあり、つゆはダシがよくきいており、とてもおいしかったです。

その後、15分ほどかけて「天空の里 ビューポイント」まで歩き、「下栗の里」を眼下に眺めました。

秋の紅葉で色づいた「下栗の里」はとても美しく、山肌を削って里を造った先人たちの苦労に思いをはせました。

「はんば亭」の周辺や駐車場では、地元の方々が観光客の自動車の交通整理をしています。その方々にたずねながら、秋本番を迎えた日本のチロル「下栗の里」をぜひ訪れてみてくださいね。

このブログのトップへ