南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

よこね田んぼで畦塗り!!(前編)

農地整備課のKです。

去る4月23日(土)飯田市千代芋平地籍にある棚田「よこね田んぼ」で畦ぬりが行われました。

下伊那地方事務所からは山本所長はじめ職員6名がボランティアで参加しました。

「畦ぬり」とは、田植え前に田んぼに水を入れる際、水が漏れないよう畦に泥をぬって補修する作業で、

お米を作る上で重要な作業のひとつです。

今年は、県内外から約80名の方が参加しました。

Exif_JPEG_PICTURE

出陣前の状況です。

E

まず、よこね田んぼ保全委員会の川手会長の挨拶、更に委員会から作業手順や留意事項の説明を受けて作業の開始です。

はじめに鍬(くわ)や備中鍬(びっちゅうぐわ)で畦の内側の草つきの部分を落として、泥の付きを良くします。そこへ、備中鍬を使って泥を張り付け、鍬で表面を仕上げていきます。

最初の一枚目は、慣れない手つきで始まりました。

IMG_2284

DSCN2393

作業が進んでいく中で、段々、手つきも様になってきました!!

DSCN2403

小さい田んぼも手を抜かず・・・

Exif_JPEG_PICTURE

一番上から始めた作業も、とうとう下の田んぼまで下りてきました。

DSCN2407

地元のプロに見劣りしないほど、すっかり慣れたころ、作業は終了しました。

IMG_2317

立派な畦になった棚田を背景にパチリ!!

IMG_2330

作業後の懇親会では地元の方の腕を振るった料理がズラリと並びます。

1 2

このブログのトップへ