南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 飯田合庁食堂で、夏の特別メニューを提供します!(7月15日~17日)

飯田合庁食堂で、夏の特別メニューを提供します!(7月15日~17日)

地域政策課のHKです。

長野県飯田合同庁舎1階食堂「葵」において、県で推進している「ACEプロジェクト」と「信州山の月間」の開始に合わせて、特別メニューを提供します。

3syurui

実施期間は、7月15日(水)から17日(金)までの3日間。

時間は、昼食営業時間である11:30分から13時30分までです。

夏といえば辛いものが美味しくなる季節です。そんな中、日本人が一番好きなメニューの一つ・カレーを使って、今回は2種類のメニューを企画しました。

一つ目は、ACEプロジェクト企画「健康に食べよう!南信州ACE(エース)カレー」です。

yasai2

エースプロジェクトとは、平均寿命日本一の長野県において、県民一人ひとりが自らAction(体を動かす)、Check(健診を受ける)、Eat(健康に食べる)に取り組み、世界で一番(ACE)の健康長寿を目指す健康づくり県民運動の名称です。

一見、カロリーが高いと思われがちなカレーですが、ごはんやルーを適度な量にして、野菜を組み合わせて食べれば、ヘルシーメニューとなります。

飯田保健福祉事務所の管理栄養士の助言により、ヘルシーメニューとして野菜140g以上、食塩4g未満、エネルギー700kcal程度となっています。(県で推奨する「健康づくり食の協力店」の認定基準です。)

カレーには、伝統野菜である下栗芋を始め、ナス、ズッキーニ、パプリカといった南信州産の野菜がもりだくさんに入っています。

また、飯田市の幻の豚といわれる「千代幻豚」も入っています。

 

二つ目のメニューは、信州山の月間企画「山の恵みに感謝!南信州・山の幸カレー」です。

(写真は鹿肉のカレー)

shika

信州山の月間(7月15日~8月14日)の開始に合わせて、山の幸満載のカレーをご用意しました。

山の肉である南信州産ジビエとともに、飯田産のシメジが入っています。

ジビエは、猪肉と鹿肉の2種類をご用意しましたので、お好みの方をお選びいただけます。

ジビエ本来の味を楽しんでいただくために、猪肉は味噌煮、鹿肉は唐揚げにして、カレーと分けてのせてあります。

そのままお食べいただいても、カレーに混ぜていただいても楽しめます。

南信州伝統の食文化であるジビエを、ぜひご堪能ください。

メニューは両方とも、800円(税込)となっており、カレーのほかに野菜サラダとスイーツ(杏仁豆腐)が付いています。

このブログのトップへ