南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

おいしい記者会(2月26日開催)

地域政策課のHKです。

毎月行われる定例記者会にあわせて、「おいしい記者会」と題し、地域の特産物を実際に記者の皆さんに味わっていただき、新聞等で宣伝をしていただいています。

※「おいしい記者会」の様子はこちら

2月にご紹介したのは・・・「遠山ジンギス」です。

jingisu1

南信州では、羊肉(マトン)が焼肉の材料として長く親しまれています。

今年はひつじ年ということで、今回、飯田市南信濃の肉店「肉のスズキヤ」が新たにマトンの3つの新商品を開発しました。

肉のスズキヤは、マトンに限らず、鶏・豚・猪・鹿・熊・馬など多種多様な商品を扱っている肉屋さんです。

下の写真:スズキヤの社長 鈴木 理(まさし) さん。

jingisu2

 

まずは「遠山ジンギスこだわり銀印」です。

これは羊の後ろ脚のモモ肉を使った、通称「レッグ」と呼ばれる肉で、1980年~90年代に販売し、人気を博していた商品です。

しばらく販売を中止していましたが、ひつじ年に合わせて、今回「復刻版」ということで再び販売を開始しました。

1月から販売しており、内容量260グラムで690円(税込)です。

jingisu3

 

次は「遠山ジンギス カレー味」です。

生おろしニンニク、無添加信州味噌を加えたスズキヤの特製タレに、カレー粉を合わせ、揉み込んだ味付けマトン肉です。

スタンダード味、塩味、味噌味に続く、4番目の味です。

3月2日から販売しており、内容量260グラムで780円(税込)です。

jingisu4

 

最後は「遠山ジンギス 国産肉」です。

これは、南信州(阿南町)産の羊肉を使っており、ロースやモモなどさまざまな部位が楽しめます。

1 2

このブログのトップへ