長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 景観・建造物 > 日本最古の現役国道トンネル<道の相談室(国土交通省)>

日本最古の現役国道トンネル<道の相談室(国土交通省)>

国道143号線の青木峠は、中世より上田・松本間を結ぶ重要な峠であり、明治21年(1888年)9月に「七道開削事業(※)」の第二線路として着工し、明治23年(1890年)3月に開通しました。
※ 明治時代における長野県の大規模公共事業。人・馬から馬車交通に変わる当時の交通需要に応えている。この七つの路線は今日の道路網の基礎を築く工事となった。

その際に造られた『明通トンネル』は、日本最古の国道トンネルとなっています。

 

【根拠データ】
道の相談室(国土交通省)

【お問い合わせ先】
建設部 道路管理課

このブログのトップへ