長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 加工食品 > 日本一■祝!全農乾椎茸品評会で農林水産大臣賞受賞

日本一■祝!全農乾椎茸品評会で農林水産大臣賞受賞

平成22年6月10日に開催された第43回全農乾椎茸品評会において、木曽郡木曽町開田の池上達雄さんが出品した「花どんこ」農林水産大臣賞を受賞しました。

生産量では全国29位の長野県としては、大快挙です。icon12

品評会には、全国21県から380点が出品され、6部門に分けて審査が行われました。

出品の形態は通常流通している大箱で、池上さんの花どんこは24kg入りでした。

品評会用に選りすぐった小箱ではなく、通常流通している大箱での受賞ということで、一層意義があると思われます。

花どんこ

受賞した花どんこ
鮮やかな白色と傘のひび割れが見事
(写真提供:全農椎茸事業所)

池上さんが椎茸を栽培しているのは開田高原の西端に近い標高1200mの林内。
多分、日本一標高が高い専業椎茸栽培です。

ほだ場

標高1200mのほだ場
椎茸を発生させるほだ木が約2万本置かれている

この道30年のベテランは、「色々大変なこともあったけど、好きだったからやってこられた。」と静かに笑います。

「椎茸を発生させるほだ木は暖かい地域なら4年で寿命だが、ここでは10年使える。その分、毎年の椎茸の発生量は少ないけどね。」と高冷地ゆえのご苦労がにじみます。

生産者 池上達雄さん

池上達雄さん
味にも自信あり と静かに笑う

また、
椎茸自体がじっくり育つので味は良い。品評会も見た目だけでなく、味も審査の項目に加えてほしい。」
とハンデを乗り越えてきた自信ものぞきます。

そんな、おいしい池上さんの乾椎茸は地元の道の駅、直売所でも販売されています。
是非、ご賞味あれ。

木曽の地域情報は、木曽地方事務所HPで 
全農椎茸事業所 
第43回全農乾椎茸品評会(PDF) 

【情報提供/お問い合せ】
林務部 信州の木振興課
電話026-235-7274
Eメール ringyo@pref.nagano.lg.jp

木曽地方事務所 林務課
電話0264-25-2224
Eメール kisochi-rimmu@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ