い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > オリンパス長野事業場(長野オリンパス 含)による「森林(もり)の里親促進事業 第10回こもれびの郷イベント」が行われました

オリンパス長野事業場(長野オリンパス 含)による「森林(もり)の里親促進事業 第10回こもれびの郷イベント」が行われました

上伊那地域振興局林務課からの森林レポートです。
平成30年10月20日(土)にオリンパス長野事業場(=里親)と辰野町・門前山林組合(=里子)による「森林(もり)の里親促進事業 第10回こもれびの郷イベント」が行われました。


辰野町横川にある「かやぶきの館」に併設された「能舞台」前に、オリンパス長野事業場の社員やご家族の皆様など総勢135人の皆様が参加されました。


「こもれびの郷」と命名されたオリンパス長野事業場の活動フィールドであるアカマツ林内などで除伐等の作業が行われました。


近年、地域の方々は、野生動物による農作物被害で苦しんでおり、この作業は、野生動物による農作物被害を防ごうという緩衝帯づくりとして、うっそうとしたアカマツ林内のヤブを刈り払って見通しを良くし、野生動物の棲み処にならないようにするための作業です。


皆さん、門前山林組合の方々の指導で、黙々とのこぎりを手に作業を進めます。
そして、きれいな見通しの良い森にしようと、真剣そのもの。
会社のボランティア活動とはいえ、本当に熱心に作業してくださる姿に、頭が下がります。
地元の山林組合の皆さんも大助かりで、大変喜んでおられる表情が印象的でした。


参加された皆さんにとっても、見通しの良いきれいになった森林を見て、作業の達成感が得られ、充実した秋の1日になったのではないでしょうか。
参加者全員での記念撮影は、みんないい笑顔をされていました。
来春も森林の里親活動が予定されているようですので、またよろしくお願いします!

(おまけ)
作業後の昼食は、なんと!今年はいつもよりたくさん採れたマツタケが入ったおにぎりとトン汁、「かやぶきの館」特製のおやきでした。自分にとって今年初めてのマツタケでしたので、感激のあまり写真は撮り忘れました!また、ヤブの刈払い作業などと併せて、親子連れに向けたカメラ教室も行われました。

昼食や森林の里親活動にご協力いただいた「かやぶきの館」のHPはこちらです。
https://www.kayabukinoyakata.jp/

上伊那地域振興局林務課からのレポートでした。

このブログのトップへ