い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 太古のロマンに想いを馳せて~菅の台の7名石★~

太古のロマンに想いを馳せて~菅の台の7名石★~

  魅力発掘探検隊のAnです。
  セミの大合唱が一面に響く 夏真っ盛りの日に、涼を求めて、
駒ヶ根高原の菅の台 『切石公園』に行ってきました♪

 切石公園には、切石・重ね石・地蔵石・袋石・小袋石・ござ石・蛇石
と名の付いた石があり、7名石と呼ばれ、里人に親しまれてきました★

 これら7つの巨岩は、今から約6~9万年前、
「千畳敷カール」付近から氷河に押し出されて
山稜付近から中御所谷の「しらび平」まで運び出され、

 更に およそ2万年前の洪水時に 土石流として
駒ヶ根高原まで運び出されたものと考えられています。

 7名石は 自然の営みが創り出した 『上伊那☆』
の貴重な自然遺産なんですね~♪

 ちなみに、ヨーロッパでは 氷河が融けて置き去りにされた石は
「迷い子石」と呼ばれているのですが、これら7名石はいわばそれであり、

  なんと!!!日本では ここにしかありません!!!!!!!(^ー^)

1 2 3 4 5

このブログのトップへ