じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

菅平高原スノーアップル

地域政策課のNです。

さて、見たところ何の変哲もない「ふじ」りんご。

実は、信州うえだ農協の職員や市内の農家の方々が栽培したリンゴを
上田市の菅平高原スキー場「裏太郎ゲレンデ」で約2ヶ月間保存して、この程掘り出したものです。

雪の中は、気温が0~1℃、湿度が80~90%に保たれるため、冷蔵庫で保存するよりも鮮度が落ちないということです。

味わってみると、歯ごたえシャッキリ、甘みがしっとりと濃くておいしいです。

このリンゴ、6日からスタートした上田城千本桜まつりで「菅平高原スノーアップル」の名称で販売されます。

珍しい「スノーアップル(雪中リンゴ)」、皆さんも味わってみてはいかがでしょうか。

このブログのトップへ