じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 行ってきました、こどもカフェ!その8東御市「子どもだれでも居場所くるme(みー) in 芸術むら公園」

行ってきました、こどもカフェ!その8東御市「子どもだれでも居場所くるme(みー) in 芸術むら公園」

こんにちは、総務管理課のぶんぷくです。

ちょっと前になりますが、9月26日(土)に東御市八重原にある芸術むら公園で行われた子どもだれでも居場所くるme(クルミー)にお邪魔してきました!いつもは東御市布下にある複合施設「ケアポートみまき」(特別養護老人ホームや温泉アクティブセンターなどを併設しています)で開催しているこどもカフェですが、7月から10月は「3密を避け、楽しい外の活動で元気になる!」ということで芸術むら公園での開催となりました。「公園内にある池でカヤック」「ひみつの小道を探検」など、聞いただけで楽しそう

9時30分から受付開始ですが、スタッフは8時集合。カヤックを積んで受付場所の明神池付近へGo!

当日の朝は雨が結構降っていて、「大丈夫かしら・・・」と心配でしたが、何とか小雨になってきてました。

▲明神池

いくつもテントを張って、遊ぶスペースを準備した後にスタッフミーティング。

この日のボランティアスタッフは、みまき福祉会、身体教育医学研究所、東御市社協、東御市青少年ボランティアチーム、長野大学・上田女子短期大学等様々なところから集まっていらっしゃっていました。

そうこうしているうちに参加者がいらして、受付開始となります。予約制となっているので、集まり次第、今度はみんなでミーティング。カヤック体験があるので3グループに分かれて、今日の流れと注意事項を確認します。カヤックに乗るまでの間は自由に遊べる時間です。ちなみにお昼もお弁当なので、いつ食べるかもおなかのすき具合、自由です。

ミーティングが終わると、早速カヤック第1陣は水辺へ。まず救命具の付け方を教わります。

ちゃんと装着チェックもしてもらって完成!続いてカヤックの乗り方、パドルの持ち方・漕ぎ方をしっかり教えてもらいます。何回か参加して初めてではない子もいるけど、1人1艘に乗るからかみんなしっかり聞いてます。

さてさてお待ちかね!

池に漕ぎ出て約30分、戻ってきたら第2陣!

1 2 3

このブログのトップへ