じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

夏の菅平高原

総務管理課のちいです。

梅雨も明けていないというのにはやくも真夏のような暑さが続いていますね。

七月も中旬となり、いよいよもうすぐ夏休みシーズンを迎えます。

夏休みといえば、旅行、お祭り、プール、夏期講習などなど、いろいろありますが、
「合宿」を思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も高校生時代には、学校に泊まり込んで一週間ほどの合宿に励みました。
練習がきつくてつらくて、終わった時には本当にうれしかったことを覚えています。

さて、私のことはさておき、合宿といえばそう「菅平高原」です。
スポーツ合宿のメッカともいわれ、全国的にその名が知れ渡っています。
DSC_5023

標高1300mを超え、下界とは別世界ともいえるさわやかな高原に、100面以上の
グラウンドと多くの宿泊施設を擁し、全国から何十万人というアスリートが合宿に訪れ、
特にラグビーについては約800チームの合宿を受け入れているとのことです。

また、最近ではラグビーはもとより、サッカーや陸上競技の合宿も盛んに行われています。
箱根駅伝に出場するような大学陸上部も合宿を行っています。

先週はまだ時期が少しだけ早かったみたいで、合宿はあまり始まっていないようでした。
道路でランニングしている陸上選手たちを目にしたくらいでした。

ですが、グラウンドはしっかりと整備され、選手たちを迎える準備は整っているようです。
DSC_5039
もうすぐ菅平の熱い夏が始まります。

この夏はシリーズで菅平高原のさまざまな魅力をお伝えしていきたいと思います。お楽しみに。

 

 

 

 

 

1 2

このブログのトップへ