じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上田鉄道バス図鑑

DSC_0091

上田駅に到着したはくたか563号金沢行き 富山まで84分 金沢まで107分

                                                                                         

上小地方事務所のT-BOXです。地域の都市機能の向上のためには、鉄道、バスなど公共交通の維持・確保、利用拡大が重要な課題です。上小地域は北陸新幹線しなの鉄道上田電鉄といった鉄道網が整備され、ユニークな車両がたくさん走っています。また、バスも上田バス千曲バス、東信観光バス、JRバス関東が路線を持ち、魅力がいっぱい。今回、上田駅付近を中心にさまざまな車両をスマホなどで撮ってみました。公共交通は子どもからお年寄りまで、全ての人にやさしい地域の重要な足です。通勤ドライバーの方もぜひ、週のうち何回かは鉄道、バスを利用してみてはいかがでしょうか。

DSC_0113 軽井沢~上田~長野を運行する観光列車ろくもん。車両は九州新幹線つばめなどを手掛けた水戸岡鋭次氏がデザイン。 

IMG_20150416_182314

上田駅に到着する各駅停車長野行き。車両は、しなてつカラーガンメタ。 向こう側1番線ホームに停車の電車は小諸行き。朝夕は通勤・通学の人でかなり混雑する。 

 

 JR東日本長野色の小諸行き。ガンメタと連結して走っている姿もときどき見る。しなてつ

 

 

 

 各駅停車軽井沢行き。小諸まで19分、軽井沢まで45分。しなてつ2

 

 

 

 

 

DSC_0105

 上田駅を出発し、千曲川を渡ろうとする上田電鉄の新型車両(もうすぐ愛称が決まる予定)。真田氏の家紋である六文銭が黒地に金色で描かれている。この先塩田平を駆け抜け別所温泉へ。

IMG_20150412_145636上田駅に停車中の自然と友だち2号

上田電鉄

1 2 3

このブログのトップへ