じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

コラボ食堂で休日ランチ

農政課のNです。

とある休日、またまた柳町のコラボ食堂へ行ってきましたicon16

コラボ食堂は、各日ごとに提供されるランチは1種類のみですが、
「ワンディ・シェフ」制を取っているため、
まさに日替わりでバラエティに富んだランチが楽しめます。

農家さん自身が、ご自分の田畑で収穫されたお米や野菜、果物などを使って、食事を提供されている方もいらっしゃいます。

この日は、「Yayoii」さんによる「あったか秋の行楽弁当」



まずは、お弁当の全体像です。




コロッケ、肉団子から漬物、ふりかけ(!)にいたるまで、全てが手作りです。
ほくほく、アツアツのコロッケ、ゆず味噌のかかったふろふき大根が特においしかったです。
お味噌汁は、野菜たっぷりの具だくさんで、まさに「食べる味噌汁」
お米は新米とのことで、今年初めて新米を食べた私は、ふっくらとして瑞々しいご飯の味に感動しました。

こちらに来ると、農産物が作られ、収獲され、調理されて、食卓に載るまでの、普段、忘れてしまいがちな過程を、改めて認識させられ、農家の皆さんへの感謝の気持ちがわいてきます。

メニュー表は、ホームページに載っていますが、シェフの名前のみで、「メニューはお楽しみ」という、コラボ食堂に行ってみなければわからないという日も月に何日かありまして、それはそれで、どんなランチが食べられるのか楽しみなのでした。

住 所:長野県上田市中央4-7-27
電 話:0268-22-5968

地図はこちら↓↓↓

このブログのトップへ