じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農地整備課 > 水と巡る旅日記「棚田保全に新たな一歩!パートナーシップ協定締結」

水と巡る旅日記「棚田保全に新たな一歩!パートナーシップ協定締結」

こんにちは!農地整備課の水ノ恵です。

10月1日、稲倉の棚田では県内で初めて!となる棚田パートナーシップ協定の締結式が行われました!

「棚田パートナーシップ協定」とは、棚田と企業等が連携して保全活動を進めようというものです。

稲倉の棚田保全委員会と協定を結ぶのは、上田市柳町の岡崎酒造さん。
じょうしょう気流でも何度かご紹介していますが、岡崎酒造さんでは、以前から棚田米を使った酒造りを行うなど棚田と連携した活動をされています。

酒米の栽培と日本酒の醸造を通した棚田保全の推進が、今回の協定で形になりました。

 

交流館に集まった保全委員会の久保田会長岡崎酒造の岡崎社長
お二人とも少し緊張のご様子です…。

 

いよいよ調印・・・。協定書にサインを交わします。


まずは、久保田会長。


続いて、岡崎社長。

 

最後に上田地域振興局の鈴木局長がサインし、協定が結ばれました!

 

最後は屋外で記念撮影!オフショットもどうぞ。

1 2

このブログのトップへ