じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農地整備課 > 稲倉棚田2013 ・・・ 稲刈り(2)

稲倉棚田2013 ・・・ 稲刈り(2)

 農地整備課のYK49です。

 稲倉棚田の稲刈り第2弾として、さいたま市立 大宮北高等学校の1年生の皆さんによる稲刈りの様子を紹介します。
 青空の下icon01 先生と生徒46名が稲刈りを体験しました。

 到着後、まずは腹ごしらえです。おにぎりのほか、シナノピッコロと、とうもろこしの差し入れもあり、「おいし~!」とみんな満足そうでした。
 開講式では、稲倉棚田保全委員会の柴崎委員長から、雨が少ない地域での米作りの苦労などの話がありました。

 いよいよ稲刈り開始です。みんなで一気に稲を刈り取っていきます。
 初めて体験する生徒もいるようでした。

 鎌で刈るたいへんさを学ぶ一方で、バインダーでの刈り取りも体験し、機械がいかに効率が良いかを学ぶこともできたと思います。

 刈り取った稲を束ねることが難しいみたいで、教えてもらいながらの作業でしたが、はぜ掛けの際にほどけてしまうものもあったようですface07
 やはり難しいですよね。

 2時間弱の作業でしたが、素晴らしい景観を見ながらの貴重な体験になったことと思います。
 春に植えた苗が生長し、たくさんのお米になる・・・収穫の喜びを味わえたことでしょうface02

 高校へは、脱穀後においしい”はぜかけ米”が届けられます。
 お米は、修学旅行でお世話になる沖縄県恩納村の民家へ送ったり、地元との餅つき大会で使ったりするそうです。

 大宮北高等学校の田植えの様子はこちら

↓ 稲倉棚田の場所はこちら ↓

1 2

このブログのトップへ