じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農地整備課 > 稲倉棚田2013 ・・・ 田植え

稲倉棚田2013 ・・・ 田植え

 農地整備課のYK48改めYK49です。

 上田市の名所のひとつ稲倉棚田で、今年も保全活動が始まりました。
 稲倉棚田は、日本の棚田百選に認定されていて、この美しい農村景観を見るために訪れる人も年々増加しています。

“田植え前の稲倉棚田”

 今年のスタートは、5月9日のさいたま市立大宮北高等学校の生徒の皆さん(325名)による田植え体験です。
 1年生のホームルーム合宿として訪れ、今年で13年目となる常連さんです。

 開講式では、長野県出身の細田校長先生から提案があり、地元の皆さん全員で県歌「信濃の国」を合唱してしまいました。
 ”秘密のケンミンSHOW”でもやっていましたが、みんな覚えていましたねface02

 いよいよ田植え開始ですicon14
 昨年は、小雨の中での田植えでしたが、今年はなんと真夏日icon01・・・暑い!

 初めて田んぼに入る生徒さんも多く、裸足で入った瞬間に歓声?悲鳴?が・・・。
 でも、さすが高校生、植える時は一直線に並んでますね!
 今年は、高校からのリクエストもあり、昨年の1.5倍の面積に挑戦しました。

 暑い中、疲れたとは思いますが、みんな楽しそうでした。
 校長先生も頑張ってくれました。

 田植え完了で~す。みんな元気ですねface02
 高校での思い出の一つになれば嬉しいです。
 秋の稲刈りも楽しみicon12

 田植え後には、棚田を守っている稲倉棚田保全委員会の皆さんと交流会も行い、農業や棚田の大切さを学びました。
 棚田には、食料の生産をはじめ、洪水の防止、水源のかん養、保健休養の場など、様々な役割があります。
 こんな素晴らしい棚田をいつまでも残したいものですね。

 稲倉棚田では、5月25日(土)に棚田オーナーの皆さんによる田植えが予定されています。

 稲倉棚田の場所はこちら
 2012年の稲倉棚田の様子はこちら(稲倉棚田の四季)

1 2

このブログのトップへ