じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 建築課 > 『ふるさと信州風景百選』上小地域の選定箇所について vol.1

『ふるさと信州風景百選』上小地域の選定箇所について vol.1

 建築課のKです。

 「信州らしさ」や「ふるさと」が実感できる、信州の魅力がぎゅっと詰まったものといえば、 それは美しい農村風景ではないでしょうか。  
 県では昨年度から2年をかけて信州の美しい農村風景を広く募集していましたが、 このたび信州を代表する農村風景「ふるさと信州風景百選」が選定されました。 風景百選は年度内に冊子にして刊行し、本県の魅力を県内外に広くご紹介していく予定です のでご期待ください。  
 さて上小地域ではどんな美しい農村風景が選ばれたでしょうか、応募いただいた作品から 地域審査会で選定された箇所の中から4回に分けてご紹介します。

◇稲倉棚田 上田市殿城地区  
 稲倉の棚田は、元禄時代から明治時代にかけて開田されたものと言われており、山裾から 谷間に大小様々な形状の棚田が広がり、日本の棚田百選にも選ばれています。 棚田百選に選ばれたことをきっかけに地元の保全活動が活発化し、棚田オーナーの募集、 体験学習の受け入れや、「かかし祭りコンテスト」、「ほたる火まつり」などのイベントが 行われております(本サイトの他のブログでも詳しく紹介されていますので併せてご覧ください)。  
 ビューポイント広場に立つと、山麓の自然傾斜を利用して造られた階段状の水田と眼下に 広がる眺望が素晴らしく、忘れかけた日本の農村の原風景に出逢える場所です。  (掲載写真は風景百選で応募いただいたものです。)  【ビューポイント位置】 (クリックしてください。)   
inakura1豊穣の秋  inakura5 段々畑

1 2

このブログのトップへ