じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > 【豊かな環境づくり上小地域会議】総会等が開催されました。

【豊かな環境づくり上小地域会議】総会等が開催されました。

こんにちは 環境課のKomaです。

6月27日、上田合同庁舎にて平成29年度「豊かな環境づくり上小地域会議」総会に合わせて、

地域会議表彰及び環境学習会が行われました。

表彰されたのは、上田市「浦里とんぼの会」と東御市「とうぶハーバリストサークル」です。

豊環受賞者

 

 

(左から、浦里とんぼの会共同代表 小宮山孝一さん、

とうぶハーバリストサークルリーダー 清水園子さん、

上小地域会議 平林会長)

 

 

・「浦里とんぼの会」

休耕田を利用した「田んぼビオトープ」を始め、「川ビオトープ」の整備を行い、子供たちへの環境

学習の推進や河川清掃、遊歩道の維持管理など河川等の環境保全に貢献しています。

・「とうぶハーバリストサークル」

東御中央公園にて2,300㎡のハーブ園を管理し、交流と潤いのある地域づくりに向けた活動を

続けています。ハーブの定植、摘み取りや除草作業などを行い、美化活動を通じて花と緑豊かな魅

力あふれる住みよいまちづくりに貢献しています。

 

環境学習会では、信州大学繊維学部応用生物科学科 平林公男教授から、「ホタルの都合・ヒトの都合」

と題して、講演がありました。

日本では一般的DSCF3467なゲンジボタルやヘイケボタルは

世界的には希少種で、さらにゲンジボタルは東日

本と西日本では発光パターンが異なるので、人為

1 2 3

このブログのトップへ