じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 上小地域の美味なピザ その11 スペイン料理屋でいただきます

上小地域の美味なピザ その11 スペイン料理屋でいただきます

 上小地方事務所のF森です。

 上小地域のおいしいピザ屋さんの紹介も11回目になります。これまでのピザ屋さんの紹介はこちらからどうぞです。

 今回は、スペイン料理屋さんでいただくピザです。お店は、上田駅近くにあるエルビノ。スペインの居酒屋を指す「バル」と言った方がよいかもしれません。ワインもいろいろあります。


 この日は、5人の仲間で飲み会です。料理はお任せでお願いしましたが、幹事さんが気を利かせて私の好きなピザを出してくれるように頼んでくれていました。
 写真を見ると、大きなピザに見えるかも知れませんが、たくさんの料理の一つだからなのか直径20cm弱の大きさです。ニンニクと唐辛子アンチョビの2種類。小ぶりなサイズとはいってもチーズはたっぷり。それと生地がとても薄いのが特徴。もしかしたらイーストが入っていないかも。こういう薄いのを焼くと、生地の端だけじゃなくて具材が乗ってるところも固くなってしまうんですが、ここのは柔らかいです。自分でも生地をできるだけ薄く延ばしてピザを作るのですが、こういう風には焼けない。どうやって焼いたのか聞きたかったのですが、聞き忘れた!!

 というのも、まず最初に頼んだのがサングリアというお酒。赤ワインに炭酸水とオレンジ果汁を加えたもの。氷が入っていて冷えてる! これがドンドンいける。口当たりがいいんですね。「これ以上飲んだらみんな大変なことになる」という仲間の声に、我に返って「じゃ、赤ワインにしよう」。で、ピザを食べる時分には、写真を撮って味を楽しむことしか脳が働いてくれなかった。

 だいたい、ピザがいつ頃出てきたか記憶が定かでない。生ハムハモン・セラーノとサラダが先だったのか、ピザが先だったのか? 味だけは舌が覚えているんですが。

 洋風の肉じゃがといったような煮物も出てきました。お腹もいっぱいだなあと思っていたら、パエリアも出してくれました。スペイン料理の〆はこれだなあ。炭水化物の〆はイカンと思っているワタクシですが、つい箸、じゃなくスプーンをのばしてしまう。せめて一口にすればよいものを—–。食後血糖値が上がっちゃうだろうなあ。

 このお店、ピザはほかにもゴルゴンゾーラチーズのものがあります。今度は、ピザ(とサングリア)だけにしようか。

  ↓↓↓ お店の場所はこちら ↓↓↓


エルビノ
 住所:上田市天神1-3-8
 電話:0268-26-0077
 地図:

このブログのトップへ