じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上小地域の美味なピザ その1

 上小地方事務所のF森です。

 ラーメンを筆頭に麺類が大好きな私ですが、焼いてとろけたチーズも好きです。ピザやドリアなんていいですよねえ。
 ということで、上小地域のおいしいピザ屋さんをいくつか紹介します。


 まずは、東御市のしなの鉄道「田中」駅のロータリー角にあるWZU(うず)」。ピザとお酒の店です。夜は行ったことがまだありませんが、この近くにランチの時間に行ったらまずこの店に行きます(あんかけ焼きそばの「開花亭」にも行きますけど。 これについてはこちら)。
 ピザは、お客さんの見えるところで石窯で焼いています。注文を受けてから生地を丸くのばして焼きます。本格的ですよねえ。
 この日は、ベーコンとなす。約30cmの大きさ。とにかくチーズがたくさん乗っています。チーズがたくさんなので、生地は薄いですが、一人では食べきれない人もいます。生地も味があっておいしいです。市販のタバスコではなく、自家製の唐辛子オイルも付いてきます。




 次は、東御市の湯の丸高原に向かう道沿いにあるアトリエ・ド・フロマージュ。チーズ屋さんで有名です。本店の店内の様子などはこちらのブログにあります。信州産ワインも売っています(こちらのブログをどうぞ)。

 ここでは、本店のカフェや隣接する「リストランテ・フォルマッジオ」でピザをいただけますが、今回ご紹介するのは真空パックしたピザ。自分で焼いて食べます。10年前後も前でしょうか、長野駅前のデパートや今はもうなくなってしまった上田のデパートの地下食品街で買って食べるのが楽しみでした。今はフロマージュの各店や東御市の道の駅「雷電くるみの里」などで売っています。
 種類が7~8種類ありますが、この日はにんにくと小エビモツァレラ。大きさは約22cm。これを220度くらいに予熱したオーブンやトースターで7~10分焼きます。生地はパリパリ、チーズはこの店のものですからもちろんおいしい。お土産にもお勧めです。

 
次に、上田市の塩田の高台にある工業団地の一角のリチェルカ
 パスタもおいしい店です。色々なことにもチャレンジしています。前は確かラーメンを出したときがあったと思いますし、11月10日・11日に上田城跡公園で開催された「うまいもん大集合」にも出店しました。そのとき、当所が提案させていただいた山口大根の料理の提供にご協力いただき、「イタリアン風山口大根の赤ワイン煮」を出していただきました(こちらのブログをどうぞ)。

 この日は、半熟卵と生ハム。生地はパリパリで半熟卵をくずして、それを付けながら食べるのもいいです。

  ↓↓↓ お店の場所はこちら ↓↓↓


WZU
 住所:東御市田中285
 電話:0268-63-1551
 地図:

1 2

このブログのトップへ