じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

これも上田のB級グルメ あんかけ焼きそば

 上小地方事務所のF森です。


 上田のB級グルメといえば、このところ「美味だれ焼き鳥」がよく話題になります(例えばこちらのブログをどうぞ)。

 しかし、と私は思います。確かに美味だれ焼き鳥はおいしいですが、それと同等か、もっと上ではないかという食があるではないか。 麺が大好きな身としては、なんと言っても「あんかけ焼きそば」です。この地域には、名店が何軒もあるではないですか。ということで、今回はいくつかお店を紹介します。

 まずは、上田市の袋町にある日昌亭さん。12時の開店前から行列ができる人気店です。もう30年以上も前、妻に連れて行ってもらい大感激した記憶があります。極細の麺にキャベツなど野菜たっぷりのあんがかかっていて、チャーシューや錦糸卵が乗っています。この極細の麺は、ほかの地域ではお目にかかったことがありません。店の近く、鍛冶町にある「杉坂製麺所」の麺(と思われる)。この麺がとにかくおいしいです。


 これとほとんど同じ感じの焼きそばを出してくれるのが、上田市の海野町商店街を一歩袋町に入ったところにある福昇亭さんです。もともと創業者が日昌亭さんとご兄弟だったとかで、麺(同じ製麺所と思います)もあんも、チャーシューや錦糸卵が乗っているのも同じ感じです。あんの塩加減が若干違うかなあと感じる程度です。こちらも満席のときが多いです。
 今はなくなってしまいましたが、長野市の権堂に「福昇亭」というお店があり、同じような焼きそばを出していました。私がまだ小学生だった頃は、たまに親に連れて行ってもらうのが楽しみでした。初めて日昌亭に行って大感激したのも、そうしたことがあったからですね。実は、この長野の福昇亭は、日昌亭や上田の福昇亭、杉坂製麺所の創業者のお父さんが始めたそうです。だから同じような焼きそばなんですね。長野で食べられなくなったのは、まことに残念です。


 極細の麺は、さすがにこの地域でもほかにはないのかと思っていたら、東御市にあると教えてもらい、昨年初めて伺いました。同じ製麺所の麺だとか。それ以来、この近くに行くとここに寄ります。東部・湯の丸インターチェンジから真直ぐ国道18号線に下ってくる道沿いにある開花亭さんです。このブログでもすでに紹介されています

 ここも、極細の麺のほか、かかっているあんや乗っているものも、日昌亭や福昇亭と同じような感じです。でも、ここには揚げた麺にあんをかける揚げ焼きそばもあります。今回は、「ミックス」をいただきました。焼いた麺と揚げた麺の両方が一度に食べられます。私の一番のお気に入り。


 次は、上田市丸子にある丸子温泉さんです。「温泉」とありますが、お風呂はありません。食堂です。ここの「五目あんかけ焼きそば」がおいしいです。
 麺は普通の太さで、あんにはエビやきくらげ、しいたけも入っています。全体的にオーソドックスな焼きそばですが、人気です。ほかにもラーメンや定食など色々メニューがありますが、ほとんど(といっていいほど)の人が焼きそばを頼みます。お店の外の張り紙にも「当店自慢」と書いてあります。私は、丸子に来たら、この店か、中華そばの「はらだ」に行くのが常です。


 次は、別所線の中塩田駅に近い寿司屋の鮨光さんの焼きそばです。このブログでも、「別所線途中下車の旅」シリーズで紹介しました(こちらです)。

 寿司屋なので、もちろん寿司がメインですが、焼きそばと餃子があります。ここもオーソドックスな焼きそばですが、野菜はキャベツではなく白菜、エビやイカも入っています。

 中華料理屋さんでも、もちろんおいしい焼きそばが味わえます。紹介しきれないのですが、下の最初の写真は、上田駅近くのモリタさん。次の写真は、上田市の海野町商店街にある檸檬さんです。この2店では、ほかに色々なラーメンもありますので、そちらも試してみてください。

1 2

このブログのトップへ