じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上小の公園その1~上田市市民の森公園~

こんにちは、総務管理課のアルクママです。

最近アルクママ家の子供たちは習い事などで忙しくなってしまい、すっかり子育て情報の記事を書くことも少なくなっていたのですが、先日久しぶりに上田市市民の森公園に行ったので、上小の公園を順次ご紹介できたらと思います。

上田市市民の森は烏帽子岳山麓の標高900m以上ある場所にあります。
上田合同庁舎がある場所は標高約460mなので、440mも上がった場所なんですね。
確かに、帰りに車で一気に下ってくると耳が痛くなるくらいです。
それに、当たり前ですが上田市街地よりだいぶ涼しい(寒い)です。

上田合同庁舎からは9Km、車で20分弱です。

浅間サンラインを小諸方面に向かい、「芳田」の信号を左折します。
1kmくらい走ったら看板があるところを右折します。あとは看板に従って行けば辿り着けるず。(アルクママのざっくりとした説明)

上田市市民の森公園は、今年(2019年)の春から遊具が新しくなって、大型遊具も設置されました。

大型遊具=いい公園というわけではないですけど、階段を上がったり、よじ登ったり、滑ったり、ぶらさがったり、子供がいろいろな体の使い方をする仕掛けがうまくできているなあと思います。

幼児期に様々な動きを獲得することで子供の運動能力は発達していくそうですが、自然豊かな公園で遊んでいれば、知らず知らずのうちに子供たちは心身ともに成長していきますよね。

ちなみにこの日は11月中旬だったので、アルクママ家の子供たちは落ち葉をフリースのジャンバーにたくさんくっつけて転げ回っていました。(母親の本音としては、フリースに絡みついた落ち葉を取るのが大変だからやめてほしい。)

 

アルクママ家はまだやったことがないのですが、夏期はゴーカートがあります。
そして、冬はここがスケート場になります。

バーベキュー場もあります。
結構混んでいると聞いたことがあるので、バーベキューをしたい方は予約ができるか市民の森わしば山荘に確認してくださいね。

 

鹿もいます。

 

最後に子連れでお出かけする時に気になるトイレとおむつ替えの場所ですが、駐車場にきれいなトイレがあります。
多目的トイレにおむつ替え台もありますよ。

自動販売機はありますが、近くにコンビニなどのお店ありませんので、お弁当やおやつは用意して行った方がいいですよ。

次回は、合同庁舎近くの公園を紹介する予定です。お楽しみに。

このブログのトップへ