じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 海野町商店街に新規オープン!「信州アップルパイ研究所Q」

海野町商店街に新規オープン!「信州アップルパイ研究所Q」

 

こんにちは。

総務管理課のさくたろうです。

 

またしてもアルクママさんが、新しくできたお店の情報を嗅ぎ付けてくれました!

上田市の海野町商店街に10月19日新規オープンした「信州アップルパイ研究所Q」です!

 

Kさんの情報によると、ジェラートでお馴染みの「豊上モンテリア」を経営している豊上製菓㈱が、新ブランド洋菓子店として立ち上げたのが、こちらのお店なのだそう。

「それは流行るに決まってる!」と思っていたところ、早速アルクママさんが行ってきてくれました!

 

アルクママさん曰く、日の丸を思わせる暖簾がとても目立っていたようで…。(よく見ればりんごだったよう

とにかくりんごに特化したお店なので、店内はりんごだらけのインテリアでとっても可愛いです!

 

ディスプレイの中に、アップルパイがありました。

 

取り扱っている商品は、アップルパイの他にアップルジュースもあるようです。

アップルパイに使われているりんごは、シナノスイート、紅玉、秋映の3種類。

大きさごとに売られていて、一番小さいサイズは2インチ(約5センチ)で330円です。

1 2 3

このブログのトップへ