じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > タイ人ディーン、ようこそ上田へ!~人の温かさに触れる小旅行~②

タイ人ディーン、ようこそ上田へ!~人の温かさに触れる小旅行~②

★「タイ人ディーン、ようこそ上田へ!~人の温かさに触れる小旅行~①」のつづきです★

次に「海野町商店街」を歩きました。

まず見つけたのは「TAIYO MARCHE(太陽マルシェ)」。今年度新しくオープンしたお店です。
店内には、野菜やお惣菜、調味料などおいしそうな食べ物がいっぱい。

そこでディーンはポテトチップスを購入。テレビでも人気の一品だそうです!!

写真からもわかるように、このお店は店長さんがとっても朗らかなのが特長!「Welcome!」「Thank you very much!」と明るい笑顔でおもてなししてくださいました。普段から上田市に住む外国人のお客さんがお店に来るので慣れているそうです。後日訪問した際にも「ディーン」の名前をまだ覚えていてくださって、店長さんの記憶力にはびっくりしました。大阪府から来た友達も後日、「お店のマスターが頑張って英語でディーンに話しかけてたのにおもてなしを感じた!」と言っていました。あたたかな心遣いはいつだって心に残ります。
詳しくは→東信ジャーナル「◆上田市海野町商店街に、こだわりの小型スーパー「TAIYO MARCHE(太陽マルシェ)」がオープン! 代表は同市蒼久保の早野倖弘さん!地域に新しい「食」情報を発信したいと意欲! 長野県 上田市 2018/8/8」

「TAIYO MARCHE」の後は、「じまんやき」で有名な「富士アイス」へ。

じまんやきは、他の地域でいう「今川焼」や「大判焼き」のようなものです。1個80円という安さと、柔らかくてほっとする美味しさで地元の人にも大人気。訪問日もレジ前に列ができるほど混雑していました(写真の右側にその列の一部が…)。買うのに混雑していても、マイペンライ!(タイ語で大丈夫)待ち時間に作っている様子をガラス越しに見ることができるので、並んでいるときも飽きないのです!調理工程はぼんやり見ているだけでも面白い!!

▲ついに完成!容器を新聞紙に包んで渡してくれました。(レジ袋削減!!)

▲これが「じまんやき」(撮影:ディーン)

▲あんことカスタードの二種類の味が楽しめますが、友達の間ではカスタード味が人気。寒いときに出来立てのあったかな美味しさは嬉しいです。じまんやきは、まさしく上田市自慢の一品です!!
詳しくは→上小地域のお菓子④ -じまんやき-「あんこ」と「カスタードクリーム」どちらがお好き?「じまんやき」の「富士アイス」 ~上田市海野町商店街6~

最後に上田映劇を外から見ました。

上田映劇では、平成25年に劇団ひとり監督、大泉洋主演による映画『青天の霹靂』の撮影が行われました。その際に使用された、昭和40年代の浅草を忠実に再現したセットがそのまま残されているので、上田市にいながら浅草の雰囲気を感じることができます。

これで小旅行は終了です。
ちなみに、みんなが宿泊したのは… はまた次のブログで更新します!お楽しみに!

このブログのトップへ