じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

信州国際音楽村のバラ園、ご存知ですか?

地域政策課のHです。

上田市にある「信州国際音楽村」についてはすでにこのブログでも多くの記事が掲載されています。
この音楽村ではスイセンラベンダーが有名ですが、最近、バラ園が整備されてきているのをご存知ですか?

今は秋バラが咲いているということで、そのバラ園の様子を覗いてきました。

信州国際音楽村は上田市生田の小高い丘にあります。音楽村には室内ホールのほか、屋外ステージもあって音楽の拠点となっていますが、その周辺には広々とした公園が広がり、洒落たレストランも多くあります。


バラ園はその広い公園の下のほうにあります。

赤丸の辺りです。

公園内を散策しながら下っていくとありました。

このバラ園は「信州国際音楽村公園 バラの会」の皆さんが中心となって公園内に整備しているもので、当所の「地域発 元気づくり支援金」もご活用いただいています。
会ではバラの里親なども募集しながら、応募のあった市民の方などに専門家を招いてバラの育て方などを学んでいただきながら、協働して開墾し植え付け、育てています。
バラはイングリッシュローズということで、普段見かけないバラが多く植えられています。
今年は台風の影響で大分被害を受けたため、秋バラも今ひとつと事務局の方からお聞きしていましたが、様々な種類のバラが可憐に咲いています。

バラの名前も「ミセス・アイリス・クロウ」や「ポシェット」、「ストロベリー・アイス」、「フランス・アンフォ」・・・と、聞きなれない小粋な名前が付いていて、香りも蜂蜜のような香りのするものなど、いろいろなバラを楽しめます。

広場の反対側にもバラが植えつけられていて、今後も毎年計画的に規模を拡大していく予定とのこと。

私も家の庭でバラを育てていますが、虫が付いたり病気になったりで、なかなか思うように花を咲かせることができません。
これだけのバラを育てていくには大変な労力が必要だと思いますが、会の皆さんや市民の方々の努力ですくすくと育っています。
今年からは6月にバラ祭りも開催し、市民の皆さんからの園芸相談も受けているそうです。
春のバラは色が鮮やかで花も多く咲かせます。来年のバラ祭りが楽しみになりました。

1 2

このブログのトップへ