じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > スキーシーズン「ゲレ食バトル_ブランシュたかやま_その3」

スキーシーズン「ゲレ食バトル_ブランシュたかやま_その3」

皆様、地域政策課Y林です。

 ゲレ食バトルの続編です。
 さて、本題のゲレ食バトルです。
 ブランシュたかやまスキー場では、今回のバトルに参加している「ファミリーレストラン山木綿(やまゆう)」で、3食が応募の対象となっていました。もちろん昨年ご紹介しました中腹のレストランなど心がそそられますが。。。
 ということで、悩んだ末、蓼科豚のカツ丼、蓼科牛のスペシャル牛丼、ブランシュ風ハンバークのうちから、シェフお勧めの「ブランシュ風ハンバーグ」を選択。

 熱々の鉄板にブランシュで取れたじゃがいもの一個がバターによくあって、ほくほくで大変美味しかったうえ、さらに、銀紙を割って熱々のハンバーグのうえにビーフシチューがかかっており、冷えた体をあっためてくれる効果もあり大変美味しかったです。余ったシチューにホクホクしたジャガイモをつけて食べてたらまた絶品。みなさまも是非御賞味ください。
 当然、長和町に来たので、目に留まったのが「長門牧場のソフトクリーム」。昨年に引き続き美味しくいただきました。とっても濃厚で地場産物はいいですね。
 というスキー及びゲレ食三昧+どんど焼きのすばらしい1日でした。レストハウスで、長門牧場のチーズも購入し、まだ食べていませんが、ワインと一緒に食べようと思います。
 次回のゲレ食バトルは、菅平高原スキー場に行きたいと思いますが、他の管内スキー場も登場するかも。「ゲレ食お気楽スキー」ですが。。

ps:帰り道に、長和町和田峠近くにある「黒耀の水」を汲みに来る方が大勢いるとの話が何回かこのじょうしょう気流でも紹介されていましたので、足を伸ばしてみました。冬の寒い中汲みに来ている方は少ないのかなと思っていましたが、なんと一杯ポリタンクで汲んでいかれる方がいました。今度来たときは汲んでみようかなと思います。


ブランシュたかやまスキー場
長野県小県郡長和町大門3652
tel:0268-69-2232

このブログのトップへ