北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 北信地方事務所からのお知らせ > しあわせ信州移動知事室 ~北信州の農業関係施設を訪問~

しあわせ信州移動知事室 ~北信州の農業関係施設を訪問~

農政課のK&Kです。北信地域は、県内でも有数の農業地域であります。「しあわせ信州移動知事室」で北信地域を訪れていた阿部知事は、その日程の中で農業関係施設を訪れております。そこで、その状況を少し報告します。

5月19日(火)は、中野市の(有)荻原きのこ園を訪れました。
地元農業協同組合から管内のきのこの生産状況の説明があり、きのこの栽培状況や(有)荻原きのこ園の経営概況の説明がありました。北信地域は、日本一のえのき茸産地で、中でも(有)荻原きのこ園は、産地を代表する大規模きのこ農家です。

CIMG3004概況説明の状況です。

意見交換の後、施設内を視察し、生産状況を見学しました。
(有)荻原きのこ園は、人力によるきのこコンテナ(結構重いのです。)の上げ下げもなく、施設内も明るく(昔は、寒くて暗い栽培室での作業が多く大変)作業環境も配慮された最新の施設です。
きのこは、機能性食品としても期待が大きく、もしかしたら健康・長寿の長野県の影の功労者かもしれません。

CIMG3017

収穫室では、栽培瓶から直接、えのき茸をちょっと試食しました。あまり知られていませんが、実は、これシャキっとして結構おいしいんです。(今度、商品化できないかしら・・・)
知事と健康効果のPR方法や地元の温泉旅館との連携など、幅広い分野で意見交換が行われ充実したひとときでした。

 

5月20日(水)は、木島平村の道の駅「FARMUS木島平」を訪れました。この施設は、今年の5月1日にオープンしたばかりの今もっとも旬な話題の施設です。

この施設、農産物直売所、農産物加工施設、農家レストラン等を併設した農業の6次産業化のための拠点施設ですので、皆様も是非一度訪れてみてはいかが。

CIMG3150 農産物直売施設

CIMG3172 キッチンスタジオ

CIMG3180 農家レストラン

農作物直売所では、売れ残った野菜を加工施設で粉末加工し、パン等に混ぜ合わせるなど工夫をしていますが、知事から「しあわせ信州食品開発センター」と共同しての商品開発の提案もあり有意義な時間だったと思います。

今回の「しあわせ信州移動知事室」は春の企画でしたが、北信地域は秋になれば、りんごやぶどうのフルーツ、県内有数の良質米など、おいしいものがいっぱいあります。今度、また紹介しますのでお楽しみに。

このブログのトップへ