北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

☆秋サケの季節です☆

こんにちは、北信建設事務所 やっ です。

10月の25日と30日、千曲川の西大滝ダム下流において、魚の生息状況を調べる魚類滞留調査を行いました。
ドローンを飛ばして川全体の様子を見たり、川にボートを浮かべ魚群探知機の超音波で魚の群れの様子を見たり、潜水や投網で魚を捕まえて魚の種類を確認したり、また、釣りで外来種を駆除したりしました。

(魚群探知機調査・・コイかな?)

(投網調査・・職人技!)

オイカワ、ウグイ、ニゴイなどを確認することができました。そして、コグチバスを駆除することもできました。
しかし、今回は、川の環境の指標(目じるし)としているサケを見つけることができませんでした。

(水中を泳ぐオイカワの幼魚たち)

休みの日に、生きたサケを見に、新潟県の魚野川(信濃川支流)に行ってきました。
そこの漁協のおじさんによると、今年はサケが少ないとおっしゃっていました。

(魚野川漁協の水槽にいたサケ)

今後も調査する予定があります。サケを見つけたら、またお知らせします。

このブログのトップへ