北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の歴史・文化・暮らし > ~JR飯山駅発着!期間限定~ カヤの平高原・秋山郷シャトル便が運行されています

~JR飯山駅発着!期間限定~ カヤの平高原・秋山郷シャトル便が運行されています

長野県と新潟県を越えて広がる信越自然郷。
その広大なエリアの中でも、指折りの大自然と文化が体験できるふたつのスポットを結ぶシャトル便が、JR飯山駅から、期間限定で運行されています。

ブナの原生林に囲まれた木島平村「カヤの平高原」と、独特の文化が生きる秘境・栄村「秋山郷」を巡る小さな旅。

今回は、この夏、期間限定で運行中の「カヤの平高原・秋山郷シャトル便」を紹介します。

北信州のターミナル駅、JR飯山駅が旅の起点。
飯山駅1階「信越自然郷 飯山駅観光案内所」で受付、料金の支払いを済ませ、チケットを受け取ります。

午前10時、飯山駅前、4番線から、バスは発車。
途中、「道の駅FARMUS木島平」、「木島平村観光交流センター」にて、乗車扱い。(この2か所でも、受付ができます。車でお越しの方は、お帰りまで無料で駐車できます)

バスの大きな窓には、窓枠いっぱいの、美しい緑のトンネルのパノラマが広がります。
山道の運転に自信のない方も、バスなら安心して、この景色が楽しめます。

飯山駅から約1時間で、最初の目的地、「カヤの平高原」に到着。

運行日によって、オプショナルツアーが用意されているシャトル便ですが、土曜は、ここ「カヤの平高原」から「カヤの平高原トレッキング」のツアー(オプションA)の利用が可能です。
ブナの原生林や北ドブ湿原を、地元ガイドがご案内。地元料理の昼食付きです。

さらに30分ほどバスに乗車すると、次の停車は「大滝(おおぜん)」。
ここ「大滝」からは、日曜には、オプショナルツアー「雑魚川渓谷滝めぐり」(オプションB)の参加が可能です。
清らかな渓流・雑魚川(ざこがわ)沿いを、ガイドが一緒にトレッキング。お弁当付きです。

その後、バスはさらに山の中を進み、一路、秋山郷へ。

河原から自噴する温泉を、車内から見下ろします(切明温泉)。


添乗員やバスガイドは同乗しないものの、景勝地ではスピードを落として、車内からでもこの絶景。


圧倒的迫力の鳥甲山(とりかぶとやま)は、雄々しく、美しさに息をのみます。

秋山郷では、下車が可能な「切明温泉」、「のよさの里」を経て、バスは終点「小赤沢温泉」へ。
昼過ぎに到着した「小赤沢温泉」では、料理民宿「苗場荘」の「早そば御膳」の昼食をいただくことができます(要事前予約、オプションC)。

北信地域振興局商工観光課Yが参加した日の「早そば御膳」は、こちら。


ふっくらと焼き上げられた岩魚。長野でも口にすることの少ないマタタビやユキノシタの天ぷら。行者にんにく、根曲がり竹といった雪どけ水で育った山の幸。ごはんのおいしさは言うに及ばず。そして、細切り大根の入った「早そば」は、長野県選択無形民俗文化財にもなっている、全国的にもめずらしいそば料理。
「早そば御膳」には、秋山郷ならではの食の魅力がぎっしりつまっています。

ここ「苗場荘」は、NHKテレビ「きょうの料理」の取材を先日、受けており、30年8月23日(木)21:00~NHK Eテレ、8月24日(金)10:15~NHK総合(再放送)で放送予定とのこと。
NHKも認めた「ふるさとの味」を楽しむだけでも、ここを訪ねる価値がありそうです。

1 2

このブログのトップへ