諏訪を体感!よいてこしょ!! 目、口、耳、鼻、手の五感で感じた諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

目、口、耳、鼻、手の五感で感じた諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 補助金不適正受給の防止に取り組んでいます。

補助金不適正受給の防止に取り組んでいます。

諏訪地方事務所林務課では、大北森林組合補助金不適正受給事案を受けた再発防止のための県の方針に基づき、次のとおり取り組んでいます。
1 不適正受給の原因である造林補助事業の現地調査不備の防止のため、見直し改善された申請書類作成・調査方法等の普及・定着
2 不適正受給の原因である未完了申請の防止のため、事業の執行状況・要望の早期把握と予算の適正執行
3 造林補助事業以外の事務・事業における課題・問題点の把握と解決策の検討など

また、諏訪地方事務所林務課コンプライアンス推進会議(会長は副所長、ほか委員4名)を設置し上記取組を検証しています。ここでは、コンプライアンス推進会議が行った造林補助事業(事業主体:諏訪市)の現地及び書類調査状況の確認について紹介します。

間伐の調査
   間伐を実施した面積を算定するため、申請者から提出された測量成果の確認を行いました。
10   20
(樹種はカラマツです)
①テープ…地面からの高さを同じにして斜距離を測定します。②ポケットコンパス…方向角、高低角を測定します。
※ 以前は調査を1名で実施することがありましたが、不適正受給事案を受け2名で実施することになりました。(当所では平成27年度から実施しています。)
※ 現地調査は、一定面積未満の申請地が複数ある場合は、その 10%以上の箇所を乱数表等により無作為抽出して調査することもできますが、当所では全箇所実施しています。

2   標準的な箇所に20m×10m=200㎡の区域(プロット)を設定し、間伐(伐採)率を確認しました。
33
①輪尺…木の直径を測定します。②伐採木根株

3   申請者が設定した施業地の管理用区域(プロット)について、提出書類と合致するか確認しました。
40
※申請者は施業地の管理用区域(プロット) の設定を義務付けられ、調査時に確認することになりました。また、看板を入れた施業前後の状況写真等の添付が義務付けられました。

4   除地(立木がなく施業が行われていない区域)を確認しました。
50

作業道の調査
間伐材搬出のため開設した森林作業道について確認を行いました。
1 幅員(道幅)測定                 2 延長・縦断勾配測定
60  70

3 切土横断勾配測定                4 地表傾斜測定
80  90
※ 不適正受給を受け、既設の道路がないか、市町村道との重複がないかを事前に確認しています。
00スラントール…傾斜角・勾配を測定します。

書類調査
搬出材積、管理プロット、撮影写真、作業従事者及び社会保険加入状況、契約書等経理関係書類等の確認を行いました。
110
※当該箇所を含む第3回申請の造林補助事業実施箇所の調査結果は、諏訪地方事務所林務課で公表します。また、次回以降の申請箇所についても、同様に調査結果を公表します。
※平成29年度予算を確実に執行するため、平成29年度の造林事業の計画要望書を森林づくり推進課へ提出しました。

今後の予定
1 諏訪地方事務所林務課の事務・事業全般を対象に抽出した30の課題・問題点のうち、当課単独で取組可能な専門の調査員の配置等14の課題・問題点について、改善に向け検討を行い取組方針を決定します。
2 すべての事業について、コンプライアンス推進会議等において、執行状況を把握し、減額・繰越等の予算の適正執行を進めるとともに、造林補助事業以外の補助事業についてもコンプライアンス推進会議委員等が調査に立会い、調査方法の確認を行います。(諏訪地方事務所林務課独自の取組です。)

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE