諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 【第六感】 > 諏訪湖アートリング「第3回 北澤美術館本館」

諏訪湖アートリング「第3回 北澤美術館本館」

「もっと知って、諏訪の魅力再発見」

シリーズでお送りしている諏訪湖アートリング協議会加盟の美術館・博物館紹介コーナー。第3回目は、「北澤美術館本館」です。

諏訪湖畔に建つ切妻の三角屋根にクリーム色のタイル外壁が山荘風の雰囲気を感じさせる建物が北澤美術館本館です。
ガラス工芸を芸術品としての地位に押し上げたエミール・ガレドーム兄弟などアール・ヌーヴォーのガラス作品や昭和を代表する日本画家、東山魁夷の日本画など貴重なコレクションが展示されています。

展示室への扉を開けると、エミール・ガレの代表作ひとよ茸ランプがオレンジ色の暖かい光で出迎えてくれます!このランプを飾るために展示室が造られているように、北澤美術館本館を象徴する作品です。また見方によっては、寄り添う家族のようにも感じられ、見る人を惹きつける魅力があります。

こちらは、ガレのという作品です。↓
この作品は、ガラスの厚薄によるコントラスト、足元の金属のように見せる技術等、ガレの最晩年に技術の粋を結集して作られた名作です!
世界でも2つだけ(しかも1つは行方不明と言われているので、実際にみられるのは、北澤美術館本館だけとのことです!)という貴重な作品を是非直接ご覧ください!

またガレとは違った作風のドームのガラス工芸も見ることができます。

現在は、「ガラスに映るロマンス」として、アール・ヌーヴォーのガラス作品の中でもロマンチックな感性を呼び起こす作品を中心に展示しています。

他にも2階では、季節にあった現代日本画の展示もしてあります。今は秋から冬にかけた展示として、月をテーマとした作品が多く展示されています。東山魁夷の素晴らしい作品もありますのでガラス作品とともにお楽しみくださいicon01
また、売店コーナーでは、ガレ作品のレプリカランプ等の販売も行っています!
 
※12月1日から増改築工事のため臨時休業に入り、来年4月中旬にリニューアルオープンの予定となっています。展示室を少し拡大し、より多くの作品を展示できるようになるとのことですので、お楽しみに(^^)
また、今年北澤美術館の素晴らしいコレクションが見れるチャンスもあとわずかですので、是非お越しください!

【北澤美術館本館】
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL:0266-58-6000 FAX:0266-58-6008

【開館時間】
9:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
2012年12月1日から2013年4月中旬まで改装工事のため休館。

【入館料】
大人 800円 / 中学生 400円



LINEで送る

このブログのトップへ