自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > 自然公園 > 国立・国定公園 > 中央アルプス県立公園 魅力と未来を語るシンポジウムを開催しました‼

中央アルプス県立公園 魅力と未来を語るシンポジウムを開催しました‼

皆さん、こんにちは!!

自然保護課ブログ担当 カモシカです。

中央アルプス県立公園の国定公園化に向けて、その魅力を再認識し、保護と適正な利用のあり方を考えるシンポジウムが、11月8日宮田村民会館にて開催されました。

このシンポジウムは、関係市町村・団体で構成される「中央アルプス自然公園保護・活用推進協議会」 と県が主催し、210人が参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

先ず 、基調講演において、東京大学大学院 下村 彰男 教授は、「近年、地域の自然や文化に触れて学ぶエコツーリズムの普及などで、自然公園が地域と密接に関わるようになってきている。地域が協力して、保護と活用の循環する協働型の仕組みづくりが重要であり、中央アルプスをどのような国定公園にするのか、具体的な目標像を共有しよう。」と参加者の皆さんに呼び掛けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

続いて、 パネルディスカッションでは、林野庁中部森林管理局長、環境省長野自然環境事務所長、伊那市長、駒ケ根市長、宮田村長、東京学芸大学 小泉 武栄 名誉教授が加わり、『地域が創る中央アルプスのいまとこれから』をテーマに意見交換を行いました。

中央アルプスに詳しい小泉名誉教授から、「千畳敷カールをはじめとする氷河地形の希少性など中央アルプスの魅力は、世界水準である。」と太鼓判を押していただきました。

新島中部森林管理局長から、「中央アルプスを含む伊那谷の自然環境に根差した文化を掘り下げ、みんなでその魅力を磨くことが大切である。」とアドバイスをいただきました。

中山長野自然環境事務所長から、「中央アルプスは魅力的な山、国定公園としてのポテンシャルは、十分にある。国定公園化されれば、地域のブランディングに役立つのは間違いない。地域住民が楽しみながら発信する取り組みが大切だ。」とアドバイスをいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

意見交換では、「今年、中央アルプスのロープウェイを利用した人?」という参加者への問い掛けに対して、半分以上の方が手を挙げていました
地元の学校登山にも使われる中央アルプスは、本当に地域の皆さんと密接に関わっており、とても大切なかけがえのないものだということを実感しました。

地域のシンボルである中央アルプス、地域がより魅力的に輝けるよう、国定公園化がその役割の一つとなれば、うれしいです




★中央アルプス県立公園★

https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/koen/syoukai.html#tyuua

 

LINEで送る

このブログのトップへ