諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

年末の交通安全運動がはじまりました!

 12月11日~12月31日まで「信濃路は ゆとりの笑顔と ゆずりあい」をスローガンに年末の交通安全運動がスタートしました。

 長野県交通安全運動推進諏訪地方部は諏訪市交通安全協会諏訪支部、諏訪署、諏訪市などが行った「交通指導所」と「しがっこお手紙作戦」に参加してきました。


 年末の交通安全運動初日の11日に諏訪市城南横湾線 やまだい銘酒店前~藤森カメラ店前に交通指導所が開設され、ドライバーに安全運転を呼び掛ける街頭啓発を行いました。

 のぼり旗を持って注意喚起し、ドライバー一人ひとりに同運動期間中の重点事項が書かれたチラシを手渡すなどして、薄暮時間帯の早めのライト点灯など事故防止を呼び掛けました。

 時刻は16時をまわり日も沈みとても寒かったですが、皆さん一生懸命、交通安全を呼びかけていました。

 12日朝には、神戸公民館前で四賀小学校の通学路を通行する運転者に対して、児童手書きのメッセージやイラストを書いた手紙とチラシを配る「しがっこお手紙作戦」に参加してきました。


〈四賀小学校1年生の児童達が書いたイラストの一部です〉

 この道路は四賀小学校の通学路ですが、国道20号からの抜け道として通勤車が入ってきたり、細い路地で歩道がないため朝の通勤通学時には大変危険な道路となっています。

 この日は警察官が一台一台車を止め、四賀小学校に通う6年生の児童が大きな声で「おはようございます、中のお手紙読んでください!」とドライバーに手紙とチラシを手渡していました。

 年末の交通安全運動は、

  ●高齢者の交通事故防止
  ●夕暮れ時と夜間の交通事故防止
  ●交差点における交通事故防止
  ●シートベルトとチャイルドシートの正しい着用
  ●飲酒運転の根絶

 以上の5点を重点に運動しています。

 年末はイベントや新年の準備等で外出する機会も増え、車や人の動きがあわただしくなります。
 加えて忘年会などで飲酒の機会が増えることから交通事故の多発が懸念されます。
 思いやり、ゆずりあいの心を持ち、ゆとりを持った運転を心がけ家族・地域で「交通安全」を意識して交通事故のない明るい新年を迎えましょう。

1 2

このブログのトップへ