じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

12月1日は「世界エイズデー」です。

はじめまして、上田保健福祉事務所のSです。

みなさんは、エイズと聞いて何をイメージしますか?

原因ウイルス(HIV)が発見されてから約30年。
それからエイズの治療法は大きく進歩し、HIVに感染しても治療すれば発症を遅らせること
ができるようになりました。今では、感染していない人と同じくらいまで長生きができます。

現在、エイズは過去に騒がれたような怖い病気ではありません。

しかし、エイズ患者は増え続けています。

それは、HIVに感染しても、数年から10年以上自覚症状がほとんどない期間があるため、
感染してもすぐには気付かず、知らないうちに他の人に感染を広げてしまうことがあるか
らです。

大切なのは、予防することと、早期に検査をして感染を発見すること。
パートナーを守るためにもきちんと予防し、心配なことがある場合は検査を受けましょう。
保健所では、匿名・無料で相談と検査を受け付けています。お気軽にご連絡ください。

また、啓発期間中(11月17日~11月25日)は上田合同庁舎 玄関ホールにて、レッドリボン
ツリーと啓発ポスターを展示しました。

P1070730

「レッドリボンツリー」  エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を表すレッドリボンを、エイズのまん延防止 と偏見・差別の解消を願って飾りました。

ぜひ、みなさんもこの機会にエイズに関する正しい知識と理解を身につけましょう。

1 2

このブログのトップへ