じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > DOGさん、ラジオ番組に出演する!

DOGさん、ラジオ番組に出演する!

地域政策課のNです。

どうぶつ通りニュース(2013年2月)で、
「どうぶつ通りの記事が初めて新聞に掲載されました。メディアの法則によると、ブログ→新聞とくれば、次はラジオ→雑誌→テレビの順番で取材が来るはずです。」と予言をしながら、MMさんに「そんな心配をしなくても、大丈夫ですよ。」と軽くいなされていたDOGさんですが、

ある日SBCラジオの斉藤レポーターさん(以下、斉藤さん)から、「どうぶつ通りの記事を書いているDOGさんに取材をお願いします。」という電話がface08

そうです。DOGさんの予言が、現実のものとなり始めたのです。

DOGさんのインタビューは、2月21日午後2時25分、SBCラジオ「おとなりラジオ、あらら・・・」の中で、生放送されました。取材の場所は、どうぶつ通りに新たにできた猫グッズの店「あいざわ商店」さん。では、その様子をお届けします。

SBCラジオカーに乗った斉藤さんが、お店の中に入って来られました。



スタジオのアナウンサーとのやり取りが始まります。




お店の中は、味わいのある猫グッズがたくさん。いよいよ、「どうぶつ通り」の話題に入りました。

店内でやや緊張の面持ちで待ち構えていたDOGさんに、斉藤さんがにこやかに話しかけてきました。
斉藤さんの的確な質問により、DOGさんは「どうぶつ通り」とは何か、命名の由来などすらすらと答えていきます。

なごやかな雰囲気の中、インタビューも終盤に差し掛かった頃、
「ブログのことが新聞に載って、これでラジオ出演もかなったわけですが、次は・・・。」という質問に
DOGさん「そうですね、次は雑誌、そしてNHKですかね~。」

ん?これって、SBCラジオさんの番組ですよね。
すかさず、斉藤さんから「テレビでしたら、SBCもありますよ~。」という突込みが入りました。

近くで聞いていた相澤さんと、担当Nもこれには大笑いでしたface02
DOGさん、落ち着いて受け答えをしているように見えましたが、実は緊張していたのかもしれませんね。

ところで、この「どうぶつ通り」、ビジュアル的にテレビのミニレポート向きだと思いますので、是非、テレビでも取り上げていただきたいと思います。もちろん案内人は、自らの名前に動物の字を持つDOGさんで。

1 2

このブログのトップへ