じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 自然・花便り > 冬の太郎山、山頂や表参道、裏参道の状況です!!

冬の太郎山、山頂や表参道、裏参道の状況です!!

上田保健福祉事務所のヤマキチです。太郎山に雪が積もったら登ろうと考えていましたが、今年も暖冬でしょうか、大寒過ぎでも雨が降ったりで、中々太郎山が白くなりません。このまま冬が終わってはいけませんので、とりあえず表参道を登り、裏参道で下山し、太郎山山頂や登山道の状況等を見てきました。

表参道登山口に車を停めスタートします。登山口には雪がなく、昨年に続いての暖冬で本当大丈夫?と感じてしまいます。少し登ったところの花小屋城跡あたりでは日陰に雪が現れ始めます。山城跡は落葉する冬のほうが見渡せますので、せっかくですのでちょっと寄ってみます。

(表参道入口、まったく雪がありません。)

 

(花小屋城跡への分岐、やっと雪が表れ始めます。)

 

(縄張り図、郭が幾重もあり意外に大きい山城であるとわかります。最後に横から見た写真あり。)

 

(本郭に残る石垣)

 

(高土塁から本郭を見る。)

 

表参道に戻り、さらに進みます。登るにつれ雪で白くなった場所は増えますが、積雪は1cm足らずです。日差しがありちょっと汗ばんできましたので、石の鳥居でアウターを脱ぎます。冬季は発汗後の体の冷えは禁物で、汗をかかない程度の装備での行動が必須です。

(石の鳥居)

 

(石の鳥居の少し上にある祠)

 

さらに登り、赤い大鳥居に近づくと登山道はほぼ雪に覆われた状態になり、積雪は1~5cmほどです。太郎山神社にお参りし、社務所前まで移動し、一休します。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ