じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

🍎🍵 11月1日OPEN 上田市常磐城 抹茶とコーヒー〖gre:co〗

こんにちは、総務管理課 六郎 です🍎

11月1日にOPENしたカフェ〖gre:co(グリコ)〗さんにアルクママさんと行ってきました。

アルクママさんがOPENしてすぐに発見して、今回やっと行くことが出来ました😏

外観はとてもシンプルで、初めて行くときは少し分かりにくいかもしれません。

店名の意味は、お店のホームページに載っていました。

green:coffee/抹茶とコーヒー

green/自然・植物

re/リサイクル・リユース

:/テンとテンを繋げる・共存

co/コントリビューション・地域貢献

こちらのお店は客席に天井照明がないんです。伺った日の天気は雨で薄暗いですが、それがまた一興。

落ち着く空間が広がっていてランタンの光が非現実的な世界にいるような気持ちにさせてくれます。きっと晴れの日はまた印象が違うんだろうな☀☂

照明がない理由は、「環境に配慮したこと」「海外では自然光をうまく使っていること」など地球に優しくて素敵な雰囲気を演出しているカフェでこの想いやお店の雰囲気・空間に一気に掴まれました。

テーブル席はもちろんですが、一人用のスペースもありパソコン作業や読書するのもいいかも。

 

 

注文の仕方は、全てセルフです。タッチパネルで簡単にオーダー出来ますし、現金の受け渡しなどがないのでスムーズでした。

六郎はシンプルな抹茶ラテ、アルクママさんはアフリカンネクターという紅茶。チーズーケーキは半分ずついただきました🍴

メニューは、抹茶、コーヒー、紅茶がありそれぞれ珍しいフレーバーも沢山用意されており、デカフェもありました。フードは、トースト系とケーキ。人気で売り切れてしまうこともよくあるそうです。

  

こちらの抹茶ラテは甘くないので、自分で好みの甘さを調節して頂けるのが嬉しいポイント。

最近無糖にはまっている六郎には嬉しい抹茶ラテでした。甘くしてももちろんおいしいはずですが、抹茶好きの六郎はそのまま頂くのがオススメだと思いました。

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

上田地域振興局 総務管理課総務係
TEL:0268-25-7111
FAX:0268-25-7115