じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

信州上田にニューヒーロー誕生!!

釣りバカONOちゃんです。

最近、とっても気になるホットな話題があるんです。

それが、上田に誕生した新たなヒーロー。

その名も・・・


六文戦士ウェイダー!!
※公式HPより一部加工して掲載させていただきました。

どうです?かっこいいでしょ!

このウェイダー、ブログでも紹介したフリーペーパー「うえだNavi」の紙面で少しずつそのプロフィールが明らかになってきました。

彼のパワーの源は「ZUKU」(ズク)。“ズク”は皆さんご存知の方言ですよね。
そして、彼を倒そうとする敵は400年の眠りから醒めた「メタ=メタ・ゴッタク」。これも方言。

どうも彼には仲間もいるらしいのですが、この辺はまだ謎です。
わっしょい仮面」なるキャラクターもいるのですが、敵か味方かも分からないようです。

このウェイダー、とにかくカッコはいいのですが、なかなか笑わせます。
ズクエネルギーが不足すると「オベチャライズ」といって上田の温泉でエネルギーを充填します。
また、愛車は「マシンオベチャハイルダー」。誰かさんが乗っているスーパー〇〇にそっくりの環境重視、法令順守の時速30kmしか出ないマシンを駆ります。

「オベチャライズ」、この言葉、はまってしまいました。最近は私、自宅で風呂に入るときに「オベチャライズしてくる」といって入っています。

最近はバッジなど、グッズもぞくぞく登場しています。
私も早速、上田市観光会館で数量限定のカンバッジを購入しました!

ここには仲間らしきキャラクターも描かれていますぞ。

実はこれらの企画、上田市内の有志の皆さんが地元を元気にできる地域発のキャラクターを作ろうということで、手弁当で始めたプロジェクト。とことん地元にこだわった設定が泣かせます。
まもなく、街なかに実体が現れるという情報も・・・。

1 2

このブログのトップへ