じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 手土産にすると必ず褒められる 上田市中央「エトワール」のARRONDIR(アロンディール)

手土産にすると必ず褒められる 上田市中央「エトワール」のARRONDIR(アロンディール)

こんにちは、総務管理課のアルクママです。

 

去年のことになりますが、アルクママとさくたろうさんがFM長野の「しあわせ信州ナビゲーション」に出演した時のこと。

担当の広報県民課Tさんに「上田のクルミのお菓子、美味しいですよね。」と教えてもらったのが今回ご紹介する上田市中央 エトワールの信濃くるみ菓子「ARRONDIR(アロンディール)」です。

大変失礼ながら「上田のくるみのお菓子」と言われ、「花岡」のお菓子しか思い浮かばなかったアルクママとさくたろうさん。

その話を総務管理課のKさんにすると、「あら、エトワールのアロンディール知らないの?上田では手土産に持っていくと絶対に褒められるほどの定番なのよ。」とのこと。

確かに、まず紙袋のりすからして可愛い。

「ARRONDIR」とはフランス語で「丸い」という意味だそうです。

思わず一口で食べてしまいそうですが、アーモンド生地の中に大きなくるみが丸ごと入っているので、じっくり味わっていただいてみます。

クルミの香ばしさと、甘すぎない大人の味で、とっても繊細な味わいです。

「手土産に持っていくと褒められる」というのも納得です。

 

皆様も手土産に迷ったら、エトワールの「ARRONDIR」いかがでしょうか?

アルクママも、帰りのかばんには若干の余裕がありますので(林家こん平師匠のネタ)、いつでも手土産お待ちしています。

 

【エトワール】

住所:上田市中央3-3-15 電話0268-22-7286

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日と1月1日

このブログのトップへ