じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 上田の秋の風物詩 松茸小屋に行ってきました

上田の秋の風物詩 松茸小屋に行ってきました

こんにちは。総務管理課のアルクママです。

味覚の秋ですね。皆さんは秋になると何が食べたくなりますか?

上田は松茸の産地なので、松茸小屋が営業を始めると秋だなあと感じるアルクママです。

 

さて、アルクママは今年奮発して松茸小屋に行ってきました。

今回行ったのは、県道上田丸子線を塩田から平井寺トンネル方面に行く途中にある「見晴台」です。

休みの日のお昼は込んでいることが多いので、あらかじめ予約して行くことをおすすめしますが、「夕方2名で行きたいです。」と電話すると、「夕方なら予約なしでも大丈夫ですよ。」とのこと。それでも、念のため電話をしてからお出かけくださいね。

 

松茸小屋はだいたい山道を入っていった場所にあるのですが、松茸の季節にだけ案内の看板がところどころに設置されるので、迷うことはないと思います。そして建物も、みんなこんな簡易的な建物なのですが、これが「松茸小屋に来たなあ」という雰囲気を醸し出してくれますよ。

こちらがメニュー表。品数によって値段が変わってきます。

お子様セットもありました。

アルクママが運転してきたので、同行者は早速、地酒 岡崎酒造の「亀齢」を注文。

 

食事は幸村コースです。

 

まずは、すき焼き鍋。

1 2 3

このブログのトップへ