じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 合同庁舎周辺ランチ事情 再検証~こぶたや編~

合同庁舎周辺ランチ事情 再検証~こぶたや編~

こんにちは。総務管理課のアルクママです。

先日、環境課の豆丸さんをランチにお誘いしたところ、「がっつり食べたいです!」とリクエストをいただいたので、総務管理課のさくたろうさんと3人で合同庁舎近くの「こぶたや」に行ってきました。

いつもおいしいお店を紹介してくれるさくたろうさんですが、意外にもこぶたやには行ったことがないそうで、「いつも人が並んでいるので、行きそびれていたんです」とのこと。

そうなんです、こぶたやは上田で昔から愛されている洋食屋さんで、地元の人にもお馴染みですが、便利な場所にある、がっつり食べられる、駐車場があるということで、いつもお昼時にはランチを求める人々の行列ができているのです。

しかし、じょうしょう気流の過去の記事を検索してみると、2013年の投稿に「混雑していますが、客席は多く、座れないことはまずありません」との記述が・・・。

あれから5年・・・合同庁舎周辺のランチ事情も変わっていますので、合同庁舎周辺ランチ事情再検証 その1~こぶたや編~です。(またも続編があるかは未定)

この日も、12時すぎに訪れると既に行列が。

しかし!ここでアルクママの秘策登場!!

事前に電話をして席だけ予約しておいたのです。ということで行列を通り越してあっという間に店内へ。

秘策というほどではないでしょ!と言われてしまいそうですが、限られたお昼休みの時間内にこぶたやに行くには、これがとっても有効な手段なんです。平日ランチに行きたい方は予約必須ですよ。

店内にも「富と繁栄の象徴」と言われるぶたちゃんがいっぱい。

メニューはたくさんあるのですが、おすすめは平日限定のランチメニュー。

こぶたやに来たら、やはりとんかつということで、3人とも迷わずランチロースかつ定食を注文しました。

750円(税込み810円)でこのボリュームです。

そして、1口食べると「柔らかい~!!」

とんかつはソースをかけるのが定番ですが、豆丸さんが塩で食べるとおいしいことを発見。

真似してみると、塩だとお肉のうまみがますます引き立ちます。

1 2

このブログのトップへ