じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 上田信州産大阪焼き!?からめて奏龍味噌拉麺

上田信州産大阪焼き!?からめて奏龍味噌拉麺

皆様、Y林@地域政策課です。

 久しぶりに、松本ドームで開催されていた毎年恒例の楽市楽座に行ったのですが、そこでなんと、なんと、なんと、大阪焼きに信州上田産のたまご、菅平高原産のキャベツが使われているとの告知があったので、速攻で購入、食しました。

 また、同会場で、「信州王様中華そば」(ラーメン)も売っていたので食べさせていただきました。このラーメンは、私が長野勤務の時に権堂で飲み会のあとよく行った光蘭のラーメンでしたが、信州麺友会が企画されたものだと記憶しています。
強引な関連で、この上田でも奏龍の味噌を使った「信州上田奏龍味噌拉麺のイベント」がこの12月から3月まで実施されます。寒い冬を乗り切るため、地元産の食材を使った地産地消で温かいらーめんもいかがでしょうか。

このブログのトップへ