じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 歴史 > 上田塩田平ウォーキング初夏編(その8 最終回)

上田塩田平ウォーキング初夏編(その8 最終回)

皆様、Y林@地域政策課です。

 さて、今回の歴史散策ウォーキングも終わりに近づきました。7回もやっていたとは、、、。また、秋にやるといっておられましたが。

 別所線の舞田駅にやってきたところで、「条理的遺構」の説明がありました。今は、昭和の時代に農地の土地区画整理で耕作しやすくするために圃場の整備をしたのですが、昔からこの地域は四角く整理された耕作地だったとのことです。昔の圃場前の写真を示しながら説明がありました。上田市内には他に殿城の稲倉棚田という、急傾斜地に水田を開拓した地域もあるなと思いふけっていたら、別所線でラッピング電車がちょうど舞田駅にやってきました。田園風景の中のローカル電車、味がありますね。上田電鉄別所線でもウォーキングの企画が組まれていたと思います。是非、塩田平においでいただければと思います。

このブログのトップへ