北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 「天ざる」@栄村物産館またたび~北信州きのこ夏フェア2018~

「天ざる」@栄村物産館またたび~北信州きのこ夏フェア2018~

皆さん、こんにちは! 
農政課のSです。

ここ数日久しぶりに降雨がありましたね。
高温つづきで、ずっと雨が降っていなかったので、少しほっとしたところです。
日中は、あいかわらず暑い日が続いていますので、体調管理には注意しましょう。

今回は、新潟県境にある、栄村道の駅の物産館“またたび”に行ってきました。

道の駅の駐車場に入り、向かって左の建物が“物産館”、右の建物が直売所“かたくり”(さかえソフトがあります)。


“物産館”


“かたくり”

お盆の帰省客で道の駅は大変混んでいました。
またたびの「御食事処」に入る前に、あらかじめ食券(1240円)を購入。

席で待っていると番号順に呼ばれます。
スタッフが運んでくれますが、下膳はセルフです。

天ざるの内容は、奇をてらったところがなくオーソドックス。
麺は、少し平たい中細麺。
天ぷらは、野菜(かぼちゃ、なす、ピーマン)、ぶなしめじ(2切れ)、エビ(2尾)。
小鉢は、ぶなしめじ、茎昆布、さつま揚げ、ニンジン、切り干し大根。蕎麦湯付き。薬味はネギとわさび。

麺は、結構コシがあって、のど越しが良くつるっといただきました。
天ぷらは塩で、小鉢は昆布の出汁がよくしみていておいしく頂きました。
最後に、蕎麦湯を頂き、〆ました。

御馳走様の後、直売所かたくりの“さかえソフト”へ直行。
ここは、“北信州甘味新書「冷菓編」”にも掲載されています。
コーンとカップがありますがコーンを注文。
濃厚だけど舌触りがよくアットいう間に完食。

1 2

このブログのトップへ