北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 見頃を迎えました!~中野市「東山公園」のあじさい(紫陽花)~

見頃を迎えました!~中野市「東山公園」のあじさい(紫陽花)~

青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続き、肌寒い夏の入りですね。
以前このブログで飯山市戸狩の「高源院(こうげんいん)《あじさい寺》」さんを紹介したところ、
他にもいいあじさいの名所があるとの情報をいただきましたので、早速出かけてみました。


今回ご紹介するのは、中野市街地から東側の高台にある「東山公園」。
桜の名所として知られていますが、梅雨のこの時期はあじさいが多い公園に変貌しています。


東山公園内にある日本土人形資料館の建物の下斜面には『あじさいの道』が整備されています。


両側から迫る感じで、あじさい(紫陽花)に囲まれながら歩くことができるスポットでした。


植えられた土によってその色を鮮やかに変えるあじさい(紫陽花)鮮やかです。


なおこの『あじさいの道』は、未舗装で狭いため、足元には十分お気を付けください。


〈中野市 東山公園〉
公園周辺は城跡・史跡が多数あり、「日本土人形資料館」などもあります。
古くから桜の名所として知られ、高台から北信五岳が見渡せることから
長野県サンセットポイント100選にも選ばれている公園です。
日本土人形資料館周辺を中心にたくさんのあじさい(紫陽花)が植えられています。

↓ 先日紹介した高源院(こうげんいん)《あじさい寺》の記事はこちら ↓
▼2020.07.07 梅雨期の清涼剤~飯山市戸狩の「高源院《あじさい寺》」~見頃を迎えました

緊急事態宣言は解除されましたが、コロナウイルスを意識した対策として、
長野県では ~「新しい生活様式」の定着と経済活動の両立~ に取り組んでいます。
感染症対策を実施しながら、経済活動を感染リスクの低いものから順次再開し、
県内経済の再生を図りましょう。
九州地方や岐阜県及び長野県の中信地方では大雨による大きな災害が発生しました。
お見舞い申し上げます。(総務管理課SSK)

このブログのトップへ