諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 【目】自然・景観 > 希少動物の赤ちゃんを救え! ~パンダとヤマネ~

希少動物の赤ちゃんを救え! ~パンダとヤマネ~

巷では6月に生まれたパンダの赤ちゃんが人気をさらっています。

生後2か月経ってパンダらしくなってきたとか、名づけの応募が25万件もあったとか。

私は「上上(シャンシャン)」という名前を考えました。上野で生まれたし、なんやかんや低迷している日本も上向くようにという願いをこめています。(パンダに期待するってのもなんだか切ないですけど。)

パンダが人気があるのは見た目がかわいいからですね。笹をモソモソ喰っているのはのんびりしていていいなあと思いますし、座り込んでいる姿は人間の子どもみたいです。なによりくっきりした白黒の模様は、ぬいぐるみみたいです。

名前もいいですね。「パンダ」って。子どもは弾けるような「p音」(パピプペポ)が好きですから。

パンダも希少動物です。中国では国家一級重点保護野生動物に指定されているそうです。保護活動により増えていますが、現在、飼育、野生あわせて約1800頭です。もし人間が地球上で1800人に減ってしまったらと思うとゾッとしますね。『猿の惑星』みたいです。

本稿では、パンダのように有名ではありませんが、希少種で、かつかわいい動物について紹介します。

 

山に棲む鼠と書いてヤマネ(山鼠)。

ネズミに似てはいますが、顔つきはネズミというよりハムスターで愛嬌があります。

ヤマネは家などに入り込んで子育てをすることがあります。

先日、ある別荘内で、親に取り残されたヤマネの赤ちゃん4匹を保護し、救護ボランティアの西村さんに飼養を依頼しました。(一般の方は野生動物を飼うことはできません。)

 

西村さんはヤマネの生態に詳しいので、簡単に解説していただきました。

*************

--ヤマネを知らない人も多いと思います。身近にいる動物ではありませんね。

西村:正確に言うと「ニホンヤマネ」です。大陸にもいますが、日本にいるのは固有種です。国の天然記念物に指定されています。

--長野県版レッドリスト(2015)でも準絶滅危惧種になっています。国の天然記念物ですので、県でも、救護する野生傷病鳥獣の対象になっています。 固有種ということは大陸から早く分化したということですか。日本では50万年前の化石が見つかっているとか。そのころはマンモスとかネアンデルタール人の時代ですから、マンモスの足元をちょろちょろ逃げ回っていたかもしれませんし、ネアンデルタール人のペットだったかもしれないと考えると面白いですね。いずれにしても、そのころからあまり進化していないということですね。体が小さいから餌に不足せず、生存競争の淘汰圧を受けないで生きてこられたのでしょうか。ヤマネは、日本中、どこにでもいるものですか。

西村:棲息地は本州、四国、九州ですからほぼ日本中にいますね。

--ヤマネの特徴はどんなところにありますか。

西村:背中に頭から尻尾のつけ根まで黒い線(幅1㎝位)が有り、尻尾には平たく毛が生えています。

--ネズミには尻尾に毛ははえていませんね。ネズミに似ているけれど違う不思議さがあります。 西村さんは、ご著書『森にすむヤマネの話』(2009年、講談社)で、ヤマネの背中の模様には8パターンほどあると書かれています。ひょうたんのように真ん中で細くなっているもの、逆に真ん中で太くなっているものなどがいると。(42頁)ヤマネの模様は結構大味ですね。古い生き物だからでしょうか。

西村:模様のパターンは11種類ほどあるという人もいます。

--ヤマネは大きさはどのくらいになりますか。

西村:大きさは、成獣で全長11センチ前後、体重約20数グラム(夏)、冬眠時には約30グラム前後になります。

--冬眠するというのも珍しいですね。今回保護されたヤマネはどういう状態ですか。

西村:今回緊急保護された4頭のヤマネの赤ちゃんは、保護時生後7日前後と思われます。体重は、1頭のみ3.1グラムであとの3頭は3.2グラムでした。

--3グラムというのは1円玉3枚分ですからかなり軽いですね。大丈夫でしょうか。

西村:現在は、みんな元気に育っています。生後2か月位には発見されたお山に全員返します。

--2か月で一人立ちできるのは早いですね。人間とはかなり違いますね。すくすく育ってほしいと思います。

*************

ヤマネ7022 ヤマネ1

上の写真は西村さんが撮影されたものです。

生まれて間もないので、体毛も生えていません。

(西村さんは自然写真家で、現在、清里フォトアートミュージアムで八ヶ岳の生き物を撮った写真展を開催されていますので、写真に興味がある方は足をお運びください。)

 

雲

(夏の雲っすねー。原村にて)

 

動物の模様というのはとても面白いものです。冒頭でも述べたパンダは模様が特徴的です。うちでも猫を2匹飼っていますが、なぜあんな模様になっているのか、とても興味深い。

模様の謎で有名なのはシマウマの縞。ネットには、「暑い地域にすむシマウマほど、縞の数が多い(略)シマウマの縞模様には体温を低く保つ効果があり、虫を寄せつけない。その結果、虫が媒介する高温地域に多い病原菌が感染するのを防いでいるのではないか」などとあります。ホントか? と思いますが、複数説ありますのでご自分で確認してみてください。

動物の模様はなぜあんなデザインなのかというのも興味深いのですが、それがいかにしてできたものなのかというのも不思議です。私見では、胎内にいるときに模様ができるホルモンを浴びたのではないかと思います。例えば猫の模様も、胎児で丸くなっているときにホルモンを浴びて、それがダラッと垂れてきたと考えるとその形を説明できそうな気がします。(これはシマウマには当てはまりそうにありません。)違う色の毛が生えているところは肌の色も違います。それは、このヤマネの写真でもよくわかります。

 

最後にうちの猫の写真をお見せしますね。

これはちっとも希少動物じゃありません。

10年まえに保健所に持ち込まれ、処分されそうになっていた子猫を、もらい受けたものです。

希少動物ではありませんが、動物の赤ちゃんを救ったことになります。

今じゃ高級な餌を食らい、羽毛布団の上に寝て、王様気分です。

cat

怖い顔をしていますが、怒ってるんじゃなく、寝ぼけてるんです。

LINEで送る

このブログのトップへ