じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 上田ハープ橋を東京方面へ渡る新幹線…その先に?! 頭首工(とうしゅこう)のご紹介

上田ハープ橋を東京方面へ渡る新幹線…その先に?! 頭首工(とうしゅこう)のご紹介

 

こんにちは。

上田水道管理事務所のKです。

 

秋も深まってまいりました。

紅葉も進み、天気の良い日の秋風に吹かれていると

「どこかに旅行にいきたいな…」なんて思う今日このごろです。

tousyukou5

上田ハープ橋と頭首工(とうしゅこう)を上空から見た様子です。

 

私がそんなことを思うのはさわやかな秋風に吹かれる時だけではありません。

通勤途上、新幹線を見かけると「新幹線だ!あれに乗って出かけたいな~」なんて思うんです。

特に朝、職場に向かう際、丸子方面から上田に向かうとき。

千曲川と平行に通る道を、そう神川小学校を右に見て「もうすぐ小牧橋だ」と思うあたり。

千曲川にかかる上田ハープ橋を颯爽と東京方面へと渡る新幹線を見るとき、私の心は高鳴り、うきうき。

※「上田ハープ橋」とは、北陸新幹線第2千曲川橋梁のこと。その形が楽器のハープに似ていることから通称「上田ハープ橋」として地元および新幹線の写真撮影愛好家などに親しまれている。

新幹線

あ!新幹線だ!

 

1 2 3 4 5

このブログのトップへ