じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > どすこいっ!東御市出身の天下無双の最強力士「雷電 為右衛門」(らいでん ためえもん)の特別企画展開催中!

どすこいっ!東御市出身の天下無双の最強力士「雷電 為右衛門」(らいでん ためえもん)の特別企画展開催中!

 

 

こんにちは。

商工観光課 マルです。

 

先日、東御市「丸山晩霞記念館」で開催中の「スーパースター雷電と浮世絵でみる江戸時代展」へ行ってきました。

 

DSCN3303

大迫力の雷電の絵がお出迎えしてくれます!

「角界のロボコップ」と呼ばれた、振分親方(元 高見盛関)も、最近見にこられたと、テレビで放送されていました。

 

雷電 為右衛門(らいでん ためえもん)は、今年で生誕250周年。

雷電は、1767年、大石村(現 東御市滋野)に生まれました。1790年に江戸本場所で西関脇として初出場。結果8勝2預かりで、なんといきなり優勝相当の成績を収めます(当時、優勝制度はなかったそうです。)

当時、男性の平均身長が160cm未満であった時代。雷電は、196cm、体重169kgあったとされています

 

雷電は、いまも破られることがない勝率9割6分2厘という歴代最高勝率を記録して、1825年にこの世を去りました。

 

そんな天下無双と称された「雷電 為右衛門」や、当時の江戸の文化、さらには相撲の歴史まで学ぶことのできる企画展

1 2 3

このブログのトップへ