北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 県税功労者感謝状の伝達式を行いました

県税功労者感謝状の伝達式を行いました

こんにちは。中信県税事務所大町事務所です。

去る11月17日に、長年にわたり長野県の税務行政に協力していただくなどの功績のあった方々に対して、

知事からの感謝状をお渡ししました。

この感謝状の伝達は、「税を考える週間」(11月11日から17日までの一週間)に併せて毎年行っています。



 

 

 

 

 

「税を考える週間」は、税の意義・役割などの理解を深めていただくことと、納税意識の向上を目指し、

国・地方が協力して展開しています。

県税功労者に関して今年は、県下で31の個人・団体が受彰され、当所管内では、次のお二人の方が

受彰されました。

【中信県税事務所大町事務所管内 受彰者】

○県税功労者

曽根原 健治(そねはら けんじ)様(大町市 曽根原税務会計事務所)  (写真左)

○市町村税務職員

戸谷 靖(とや やすし)様(大町市総務部税務課長)(写真右)


 

 

 

 

曽根原様は、税理士として、納税者の申告業務に携わる一方、長きにわたり租税教育の推進や納税者の納税思想の高揚に尽力していただきました。

また、戸谷様には、通算10年以上にわたり大町市職員として税務行政に携わる中で、賦課徴収業務に尽力されるとともに、個人県民税の特別徴収の実施について事業主に働きかけを行い、実施率の向上に貢献していただきました。

伝達式では、中信県税事務所大町事務所長の久保田から、お二人が、それぞれの分野で、本県の税務行政の推進に多大なご協力をいただいたことに対して、深く敬意と感謝の意をお伝えするとともに、引き続き県の税務行政に、より一層のお力添えをお願いしました。

長野県の財政状況が極めて厳しい中、県税の果たす役割は一層重要性を増しています。

今回の感謝状の伝達式を通じて、わたしたち県税務行政に携わる職員は、県民のみなさんから信頼される税務行政の運営に、より一層努力しなければならない、という思いを新たにしました。

LINEで送る

このブログのトップへ